ハイジニーナ脱毛では、施術を受ける前日に自分でムダ毛処理をしなければなりません。


ムダ毛が生えている状態では光を当てることができないため、処理していない場合、施術を行わないか追加で料金を支払って処理してもらいます。


Vラインは自分の目で確認しやすい場所にあるので、希望する形に整えれば基本的なデザインを伝えることができます。

利便性を重視した医療レーザー脱毛の口コミに関してはこちらのサイトをご覧ください。

しかしIラインとOラインは普段こまめに処理することが多くないため、事前処理の段階で行き詰まる人もいます。

信頼性の高いレーザー脱毛の口コミに関する最新情報はこちらです。

Iラインの脱毛は、まず刺激を少なくできるように顔用の電気シェーバーを用意します。



Iラインの毛をハサミで短くし、顔用シェーバーをゆっくり動かします。サロンによってはIラインの定義を広範囲に捉えることがあるので、足の付け根まで剃ります。

体育座りになって足を左右に開き、前に鏡を置けば見えやすいです。

Iラインで剃りきれない部分は、手前に置いた鏡にまたがって、肌を引っ張りながら剃ります。

深く剃りすぎると肌を傷付けるので、当日に2mm以下の長さになれば問題ありません。
OラインはIラインよりは刺激に強く、中心に向かって凹んでいるのをイメージすれば簡単です。

まずIラインのように短くカットしてから、鏡の上にまたがります。肌を引っ張って顔用シェーバーを密着させながら剃ります。Oライン脱毛はIラインと違って毛の一部を残すことはないので、様々な角度から届く部分をそれば全体を自分で処理できます。